LINE Payカードが使えるお店は?検索方法や実際に使った感想も解説!

LINE Pay カード 使える店

LINE Payカードが使えるお店ってどこがあるの?

周辺で使えるお店を探すにはどうすればいい?

LINE Payカードが使えるお店は増えてきていますが、どうやって探せばいいか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、日常的にLINE Payカードを利用している私が、LINE Payカードが使えるお店と探し方を解説します。

LINE Payカードを有効活用したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 LINE Payカードが使えるお店は?

LINE Payカードは、国内外のJCB加盟店約3,300万店舗で利用できます。

そのためクレジットカードを使える店舗であれば、基本的にどこでも使えるでしょう。

コンビニやスーパー、ドラッグストアなど、日常生活でよく利用するお店で使えるので非常に便利です。

LINE Payはチェーン店以外だと、利用できるお店がまだまだ少ないのが現状です。

ですがLINE Payカードがあれば、JCBカードを利用できるお店で、クレジットカード利用時と同じ手順で決済できます。

利用しやすいLINE Payカードですが、申し込みから到着まで約1週間かかります。

まだお持ちでない方は、以下の記事を参考に、早めに申し込んでみてくださいね。

LINE Payカードの申し込み方法は?到着後の登録方法も解説!

お店でLINE Payカードを使う方法

お店でLINE Payカードを使う手順は次の通りです。

  1. 事前にLINE Payカードを発行する
  2. 利用開始手続きをする
  3. チャージをする
  4. レジにてLINE Payカードで決済する

事前に行うLINE Payカードの発行自体はとてもスムーズで、1分もあれば完了します。

カード到着後はJCBカードと同様に使用できるので、普段クレジットカードを使っている人は問題なく利用できると思います。

それでも、初めての利用で不安に思う方もいるかもしれません。

そこで、LINE Payカードを実際に使う具体的な手順を、以下の記事で解説しました。

申し込み方法、チャージ方法、支払い方法に分けてそれぞれまとめているので、使い方で悩みたくない方におすすめです!

LINE Payカードの使い方は?申し込み・チャージ方法も解説

LINE Payで支払いできる店舗も入れれば使える店舗はもっと増える!

利用店舗の多さが魅力のLINE Payカードですが、LINE Payアカウントがあれば、LINE Payカードが使えるお店以外でも支払いが可能です。

例えば、以下のようなオンラインのお店でもLINE Payが使えます。

  • ラクマ
  • ZOZOTOWN
  • サンプル百貨店
  • 出前館
  • コミック・シーモア
  • まんが王国
  • ピザハット

また、LINE Payは請求書払いにも対応しているため、対象機関の税金や光熱費をLINE Payで支払うこともできます。

請求書払い対象機関の一例

  • 東京電力エナジーパートナー
  • 東北電力株式会社
  • 関西電力
  • 九州電力
  • 神奈川県企業庁

大きな支払いに利用できるので、嬉しいですね。

近くの店舗がすぐわかって便利!LINE Payが使えるお店の探し方

周辺のLINE Payが使えるお店は、LINE Payアプリの中で簡単に検索できます。

手順は次の3ステップです。

  • STEP1: LINE Payウォレットから「使えるお店」をタップ
  • STEP2: 位置情報へのアクセス「許可」を選択
  • STEP3: LINE Payが使えるお店が地図画面に表示される

画像付きで解説しますね!

STEP.1
LINE Payウォレットから「使えるお店」をタップ
LINE Pay 使える店
STEP.2
位置情報へのアクセス「許可」を選択
LINE Pay 使える店

※過去に他の地図アプリなどで許可設定していると、この項目は出て来ません。

STEP.3
LINE Payが使えるお店が地図画面に表示される
LINE Pay 使える店

画面上のお店をタップすると、支店名と住所が確認できます。

LINE Pay 使える店

地図を動かせば、現在地の周辺以外の対象店舗も調べられます!

ご自宅や職場の周辺など、よく行く最寄りエリアを調べてみると、意外なお店が対象になっているかもしれません。

ぜひチェックしてみてくださいね。

実際にLINE Payカードを使ってみた3つの感想

実際に私がLINE Payカードを日常的に使ってみた感想は、以下の3つです。

  1. クレジットカードと変わらず使えてストレスフリー
  2. カードの絵柄が可愛くて和む
  3. LINEポイントが貯まらないのが少し残念…

順番に解説しますね!

1. クレジットカードと変わらず使えてストレスフリー

LINE Payカードはクレジットカードと同じように利用できるので、支払い手順にとまどうことがありません。

JCB加盟店でLINE Payカードを出すと、ほぼ問題なくスムーズに決済をしてもらえます。

LINE Payの場合は、お店によってバーコードやQRコードなど支払い方法が異なり、店員さんも慣れてないことがよくありました。

LINE Payカードなら、キャッシュレス決済に慣れていない人でも、気軽に利用できるのでおすすめです。

2.カードの絵柄が可愛くて和む

おまけ的な要素ですが、LINE PayカードはLINEのキャラクターが描かれた、かわいい見た目のものが多いです。

私はくまのキャラクターを選びましたが、店員さんから「可愛いですね!」などと声をかけてもらえることが度々ありました。

ピンクのうさぎや緑のかえるなど、複数パターンから選択可能です。

財布の中からひょっこりキャラクターが見えると、忙しい日々の中でもほんの少し心が和みます。

お子さんがいらっしゃるご家庭なら、一緒に絵柄を選ぶのもおすすめです!

3. LINE ポイントが貯まらないのが少し残念…

実は、2020年5月以降、LINE Payカード利用ではLINEポイントが貯まらなくなったんです。

日常的に利用するスーパーや飲食店でLINE Payカードを使える場面が増えてきていました。

LINEポイントも貯まりやすかったので、個人的にこの変更はかなりショックです…。

ただ、よくよく調べてみると、新しく登場した『VISA LINE Payカード』を使えば、2021年4月までLINE Payポイントの還元率が3%に変わっていたのです!!


(出典:https://linepay.line.me/campaign/limited-card/

日常的にLINE Payを使っていた私にとっては、とっても嬉しい出来事に変わりました。

以下で申し込みした時の手順をまとめているので、お得に活用したい方はぜひ参考にしてみてくださいね!

・【準備中】内部リンク:LINE VISAカード 申し込み

 LINE Payカードが使えるお店でしっかりと活用しよう!

今回は、LINE Payカードが使えるお店について解説しました。

  • LINE Payカードは国内外のJCB加盟店約3,300万店舗で利用できる
  • LINE Payと併用して使うことで、利用可能店舗はさらに増える
  • LINE Payが使えるお店は、アプリで簡単に検索できる

LINE Payカードを利用することで、LINE Pay単体よりも確実に利用できるお店の幅が広がります。

日常的にLINE Payカードが利用できると、支払いがスムーズなだけでなく、LINEポイントを効率的に貯めることができます。

LINEポイントは利便性が高く、使用用途も多いのでぜひ貯めておきたいポイントです。

そのためにはLINE Payカードが使えるお店を事前に確認し、しっかりと活用していきましょう!